頭皮活性プラザ>発毛・育毛・植毛会社の比較

薄毛のタイプ別で選ぶ

発毛タイプ
リーブ21などの失った髪から再び自分の髪の毛を復活させるタイプです。
この治療にはかなり時間がかかり確実性もないですが、自分自身の髪が生えるというのが最大のメリットでしょう。

植毛タイプ
アデランスなどで行われている植毛タイプの対策は、自身の残っている髪の毛から無くなってしまった部分に移植する方法です。この方法でなら確実に髪の毛は増えますが、手術を行うので痛みを伴いますし価格もやはり他の方法より割高になる可能性が高いです。

増毛タイプ
増毛タイプはプロピアなので有名な特殊なシートに髪の毛を植えつけるタイプ。
アートネーチャーなどでも行われている、今の毛に人口の髪の毛を結びつけるような方法です。
こちらは比較的手軽に出来ますが、定期的なメンテナンスが必要なのが面倒な部分でもあります。

カツラタイプ
一番身近で手軽な薄毛対策はやはりカツラだと思います。
こちらは勿論自分の毛ではないですし着けたり外したりしないといけない手間もあります。
しかし一番のメリットは価格が安く手軽に出来るのが魅力でしょう。

育毛タイプ
良くCMなどでも宣伝しているAGAタイプの薄毛改善のクリニック、病院で行われている対策です。
主にミノキシジルとフィナステリド(プロペシアなど)の処方で髪の毛を生やしていきます。
自身の髪の力に頼る部分が大きいので発毛タイプと同じく個人差が非常に強いですが、自信の髪の毛を増やしたい方にはおすすめです。

お店

対策別の選び方

■上記で紹介した方法の中でも何を基準に選べばいいのか?

まずは金銭的な問題が大きいかと思いまいますので、無理の無い方法を選択しましょう。
カツラの場合は一つの価格がおよそ10万以内で購入できるかと思います、またメンテナンスも頻繁には不要です。
育毛タイプは実際にクリニックにかかると最低でも50万以上が必要になってくるでしょう、ただし自身で薬を海外から購入すれば格段にかかってくる費用は安くなります。
増毛タイプに関しては定期的なメンテナンスが必要です、特に薄毛の部分が大きいとかかってくる費用もそれに比例して高くなるので気になる方は相談に行って見ましょう。
植毛タイプに関しては最低でも60万以上は必要だと思われます、こちらも植える半にに応じて価格が高くなるので財布と相談して決断しましょう。

ページのトップへ戻る