頭皮活性プラザ>薬で抜け毛を止める

抜け毛予防の商品

■髪が抜ける=禿げる。というわけではありません。
人は一日50本から100本程度の髪の毛が抜けるといわれています、ただどれだけ髪の毛が抜けてもそこっから新しい髪が生えてくれば何も問題はありません。
しかしそれ以上に抜けてしまっていたり、髪の毛の成長サイクルが異常な状態になってしまうことによって薄毛が進行していくことになります。それを食い止めるのが抜け毛防止用の薬品です。
こちらも育毛剤などと同様多数の製品が販売されていますので、自分にあった商品をみつけることが大事です。

特に抜け毛対策に行こうとされているのがフィナステリドという成分が入った商品です。
最近AGAという言葉を良く耳にすると思いますが、フィナステリドは男性型の薄毛の症状に効果を発揮します。



飲み薬と塗り薬

■上記で紹介したフィナステリド製品は基本的に錠剤の飲み薬が基本となっています。他にもサクセスやリアッププラスなどの塗り薬もあります。
基本的に塗り薬に比べ飲み薬は副作用などの心配もあるので、しっかりと自分自身で服用してもよいか考えて使用するようにして下さい。

抜け毛

ページのトップへ戻る