頭皮活性プラザ>生活習慣からの改善

食事と睡眠と運動

■食事
食事については他のページでも紹介していますが人の体を作る最も大事な部分です。
現在肉類ばかりの食事をされてる方は、出来るだけ魚と野菜中止の生活に変えていきましょう。
ただ野菜の栄養素はなくなりやすいので、汁物とかにすると栄養が摂取しやすいです。
例えば味噌汁やコンソメスープなどに色々な野菜を入れて摂取するのが理想的です。
なお、他に体内に入れるものではお酒、タバコ、ジャンクフードなど、これからは髪だけでなく体に悪影響を与えますので控えめにしておきましょう。

■睡眠
睡眠時間は髪にとってとても重要な時間です。
短い時間の睡眠では体の疲れが取れないのと同じで、髪の毛も一日の疲れを睡眠時間にとっています。仕事が忙しかったり趣味のためにどうしても寝る時間を削ってしまう方もいるとは思いますが髪の為にも可能な限り最低でも5時間以上の睡眠時間は取りましょう。
ちなみに良く言われていますが夜の10時から夜中の2時までが睡眠のゴールデンタイムです、理由としては成長ホルモンが大量に分泌されるからです。勿論頭皮だけではなく体全体にも言えますので極力この時間帯に睡眠と取るように心がけましょう。

■運動
学生時代は体育や部活などで体を動かす時間が取られていましたが社会人には基本そんな時間はありません、
肉体労働をしているかたはともかく一日中室内仕事をしている方は慢性的な運動不足になっているはずです。
もし時間があるのなら週数回でもジョギングが出来ると理想ですが、帰りの時間が遅かったりそんな余裕がないかたは寝る前に軽いストレッチ、起床後にラジオ体操感覚の体操くらいは最低限してみましょう。
では何故運動不足が頭皮に関係するかということですが、やはりここでも血行が関係してきます。
例えば肩こりなどがひどい方はやはり血行不良が強く関係してくるかと思います、それによって頭皮にも血がうまく流れなくなり抜け毛や薄毛の原因となってきます。

睡眠 運動

原因の特徴について

■まずは寝る時間についてです。
仕事が残業が当たり前の方や夜勤の方は改善が難しいとは思いますが
出来るだけ夜の10時から12時の間までに寝ましょう。特に10時から深夜2時までは睡眠のゴールデンタイムと 言われている時間ですので、この時間帯に眠れると非常に効果的に睡眠が取れます。
逆に昼夜逆転してしまっているような時間に睡眠をとってしまうと、やはり正常な人の生活リズムとは違ってしまうので 身体全体、頭皮にも確実にマイナスなので気をつけてください。

■食生活や運動不足についてですが、
社会人でひとり暮らしの方には中々改善するのは難しいとはおもいます
それでも極力自炊を行い野菜と魚料理中心の食生活に変えていきましょう。
運動もジョギングなどをこまめに出来れば理想です。
こういった食事や運動などを行い血の巡りをよくすることが大事です。
血の巡りが悪いと頭皮にも血液が流れなくなり抜け毛や薄毛の原因にもなります。

■次に直接頭皮にかかわる部分ですが、
洗髪時に大事なのはしっかりと皮脂や整髪料などを取り、すすぎの時にはシャンプーを残さないよう洗い流すことです。
当然ですが、髪を染めたりパーマを当てたりすることは髪だけではなく
頭皮にも大きなダメージを与えることになるので極力そういった行為は控えましょう。

■最後にAGA、遺伝や男性ホルモンが原因となる場合ですがこの場合もやはり生活習慣を見直すことが非常に大事です ただそれだけではなく、フィナステリドやミノキシジルなどの薬品を使用しての改善が必要になってくる可能性が高いと思われます。



ページのトップへ戻る